名古屋の結婚文化のひとつが「菓子まき」で、名古屋の結婚式文化を若者に継承してもらいたいです。

披露宴での生い立ちフォトムービー
披露宴での生い立ちフォトムービー

名古屋の披露宴、今昔

「名古屋で娘が3人いたら家が傾く」昔は、こんなことがよく言われていました。
確かそんな、名古屋の嫁入りを描いたドラマも放映されていたように思います。
そんな名古屋の嫁入り文化も、最近は、縮小傾向にあるようです。
人生に何度もない特別な日の結婚式くらい、他県の人に非常識だの悪趣味だのと言われても盛大にしてほしい、名古屋のド派手な結婚式文化を若者に継承してもらいたい、と思う名古屋県人も少なからずいらっしゃるようです。
その名古屋の結婚文化のひとつが「菓子まき」です。
結婚式当日、新婦が結婚式場に出発する前に、家の2階から、枕大のお菓子の袋詰めを大量にバラまくそうです。
それのお菓子を、集まった近所の人たち、老若男女問わず、奪い合うようですが、その様子をみてみたいものです。
最近では結婚式の余興として人気のようです。
厳かに結婚式が行われた後、参列者は結婚式場の中庭に出ます。
そこの建物の2階から、新郎新婦が窓から菓子まきを始めるのです。
このまき用菓子は、名古屋市西区明道町にある「明道町菓子問屋街」と呼ばれている地区で購入することができます。
今の名古屋の結婚式は二極分化されているようです。
名古屋式の結婚式をするか、一般的な結婚式にするかというわけです。
結局はご両親の意向ということになるのでしょう。
やはり、古くからそこに住む家柄のしっかりした家庭となれば、ご近所や親戚の手前、名古屋式の披露宴を行わなければならないのでしょうね。

Copyright (C)2018披露宴での生い立ちフォトムービー.All rights reserved.