最近若者の出会いと地域活性化をねらって「街コン」が人気です。

披露宴での生い立ちフォトムービー
披露宴での生い立ちフォトムービー

街コンで地域活性化をねらう

市街地にある複数の飲食店を会場にした飲み会、いわゆる大規模な合コンイベント「街コン」が人気です。
地域の商工会議所や飲食業組合などが主催することが多く、地域活性化と若者の出会いの場として、日本全国様々な場所で開催されています。
用意された受付で参加費を払ってから、リストバンドなどの目印をもらい、参加者は、貸し切りにしてある飲食店を自由に行き来することができます。
気の合う相手が見つかり、話が盛り上がれば、時間まで(だいたい3時間)そのお店にいるもよし、数店をハシゴして楽しむのもよしというところでしょう。
飲食代は参加費に含まれているので気兼ねなく飲んで食べて楽しめます。
このイベントが最初に行われたのは宇都宮市です。
2004年に「宮コン」が地元の有志によって開催さたのが、街コンでの始まりです。
その後、市街地の活性化と飲食店街の空洞化を防ぐために地方都市が続々と開催するようになりました。
「政府・自民党議員連盟が街コンを支援、税金投入目指すも否定される」というニュースからもわかるように、政治家の後押してくる動きも出てきていますから、まだまだ街コン人気は続くように思われます。
しかし、街コン人気からは、若者の結婚への意識の低さが垣間見えます。
昨年末にある研究所が発表した調査結果によると、「18〜34歳の未婚者のうち、恋人のいない男性は6割、女性は5割」にも上るということです。
日本の少子化がこれ以上すすまないように、街コン人気に期待するところです。

注目度がUPしている結婚、すぐわかるこのサイトがお勧め

Copyright (C)2018披露宴での生い立ちフォトムービー.All rights reserved.