結婚・婚約指輪の歴史は長く古代ローマの時代から続いているのです。

披露宴での生い立ちフォトムービー
披露宴での生い立ちフォトムービー

婚約指輪の由来

結婚指輪の起源は9世紀のローマのようです。
ローマ教皇ニコラウス1世が結婚指輪をはじめて結婚の証と使用しました。
それから現代に至るまで、この習慣が続いています。
13世紀のヨーロッパでは、結婚指輪を交換する風習が一般の人々に広まったようです。
その頃の木版画に、カップルが結婚指輪を交換している姿が描かれています。
その結婚指輪よりも婚約指輪の方が誕生自体は早かったそうで、その頃の婚約指には、今よりもいろいろな意味合いが含まれていたようです。
婚約指輪の由来は幾つかあるそうですが、古代ローマ人が約束の誓約する証として、鉄の輪を婚約指輪としていたのが初めだと言われています。
その頃は、結婚自体よりも、婚約の儀式の方が重要視されていようで、婚約指輪は愛の証というより、男性が女性の指に婚約の印としてはめさせるというものだったと言われています。
つまり、「この女は結婚をする予定がある」と女性の所有を主張する意味が込められていたようです。
現代の指輪にもそういう役割は多かれ少なかれあるような気がします。
ダイヤモンドを婚約指輪に使ったという最も古い記録は、1477年にドイツのモロルティンガー博士が、「不屈の力」「永遠」を意味するダイヤモンドの婚約指輪を贈るよう、神聖ローマ帝国皇帝になるマキシミリアン大使に助言したときだそうです。
これから婚約・結婚指輪を選びに行かれる方は、相手の方にこの指輪の豆知識を教えてあげてください。
指輪選びの楽しさがますのではないでしょうか。

注目度がUPしている結婚、すぐわかるこのサイトがお勧め

Copyright (C)2018披露宴での生い立ちフォトムービー.All rights reserved.